もっと効果的に薄毛治療をして髪の毛を取り戻そう

女性と花

わからないことも多い薄毛治療の世界を知り、もっと自分に効果のある方法を利用していけるようにして下さい。
自分の頭皮、頭髪に合った形で治療を続ければ、薄毛治療は必ず成功します。
また、昔はなかった最新の治療薬も続々と登場しています。医療的な知識を持って髪の毛を増やして下さい。

ホルモン

人間が薄毛になってしまう原因はホルモンにあります。人間には男女関係なく男性ホルモンと女性ホルモンが存在しています。
これらは思春期に増えだし、それによって体が大人の形に変化します。男性には当然男性ホルモンが多く分泌されるようになり、女性の場合は女性ホルモンが多く分泌されます。
女性ホルモンは肌をふっくらさせ、なめらかな印象にみせる効果がありますが、男性ホルモンには脱毛作用があります。この脱毛作用の影響で男性は薄毛になってしまうわけなのです。

だいたい薄毛治療を意識するのは35歳を超えてからとなる場合が多いですが、これはその時期になると老化現象が始まるからなのです。
老化現象によって代謝が鈍り、身体自体が10代や20台のように活発に動かなくなります。それにより、これまで問題なく繰り返していたヘアサイクルが乱れるようになり、生えるスピードよりも抜けるスピードの方が勝つようになります。
ときには毛穴がダメになり、皮脂がつまって死んでしまうこともあります。これらが原因となって男性ホルモンの脱毛作用が優位になり、これまでフサフサだった髪の毛はどんどんと抜けてしまうようになるのです。
女性よりも男性のほうが薄毛症状は深刻ですが、それには元々のホルモン量が関係していたわけなのです。

男性ホルモンが増加するのは思春期あたりからですから、中には10代や20代の前半から薄毛に悩む人もいます。男性ホルモンが強い人は薄毛になりやすいともいえます。
男性は思春期からとして、では女性が薄毛になってしまうのはどうして50代あたりからなのかというと、それは女性ホルモンの減少が関係しています。
女性の体は早くて45歳あたりから閉経準備へと入ります。こうなると月経の周期が乱れたり、重くなったり、こなかったり、逆に血が止まらなくなったりすることがあります。女性ホルモンは子宮から分泌されていますから、閉経になり子宮の機能が低下すると、同時に女性ホルモンの量が減少してきます。
男性は男性ホルモンの増加によって薄毛になりますが、女性は女性ホルモンの減少によって男性ホルモンの影響が大きくなり、薄毛になってきます。
この作用の違いはあれども、男女どちらも男性ホルモンの脱毛作用によって薄毛治療が必要な状態になっているのです。

男性と女性では薄毛になっていく過程が異なります。男性の場合は頭頂部、おでこあたりから薄毛が進行することが多いです。しかし、女性は全体的にまばらになるほうが多いです。