もっと効果的に薄毛治療をして髪の毛を取り戻そう

女性と花

わからないことも多い薄毛治療の世界を知り、もっと自分に効果のある方法を利用していけるようにして下さい。
自分の頭皮、頭髪に合った形で治療を続ければ、薄毛治療は必ず成功します。
また、昔はなかった最新の治療薬も続々と登場しています。医療的な知識を持って髪の毛を増やして下さい。

髪のしくみ

人間の髪の毛というのはヘアサイクルという一定の周期があります。ヘアサイクルは毛周期ともいい、男性は3~5年、女性は4~6年というサイクルで生えたり抜けたりを繰り返しているといわれています。
薄毛になっている人は、このヘアサイクルが乱れていることによって髪の毛が正しく生えず、伸びなくなっています。ヘアサイクルは5段階の成長に分かれており、これが正しく行われることにより人間の髪の毛は1日に100本近く抜けてもハゲないようになっています。
まず、ヘアサイクルは進行期という状態から始まります。これは髪の毛の種となる根本からしっかりと髪の毛が生え、成長している時期です。髪の毛が延びるのには女性ホルモンが関係していますから、男性よりも女性の方が髪は伸びやすいといわれています。
髪の毛というのは一定の長さになると休止期という次の段階へ移行します。休止期になると髪の毛は成長を止め、毛穴にと留まっているだけになりますが、男性の方が休止期に入る時期が短いために、同じ条件で男女が髪の毛を伸ばしたとしても、男性の方が早く抜けてしまうようになっています。
休止期に入り、しばらく成長が止まった髪の毛は発生期に入ります。この時期には成長が止まった毛の下から、新しい毛が顔を出しはじめます。そうして新しい毛がしっかりと成長し、下から古い毛を押し上げるように成長すると脱毛期になります。ここで自然と髪の毛は抜けてしまうわけなのです。
そして、髪が抜けたすぐ下からは、既に新しい毛が生えていますから健康なヘアサイクルを繰り返していれば薄毛にはならないのです。脱毛した毛の下から生えた新たな毛はまた進行期、休止期、発生期と繰り返して新しい髪の毛を生み出すようになります。

健康なヘアサイクルであれば薄毛にはなりませんが、これが乱れると薄毛になります。薄毛治療を進める場合には、乱れたヘアサイクルを整えて正常な周期を取り戻せるようにしなければいけません。
ヘアサイクルが乱れたままになると、髪が成長しきっていないのに髪が抜けるようになり、生えてくる髪もどんどん細く、たよりない髪になります。そのまま放置していればそのうち毛根が機能しなくなり、髪が生えなくなってしまうのです。
毛穴や毛根が死んでしまえば、人間の髪の毛はもうその穴から二度と生えてくることはありません。荒れた土地になってしまうのです。ですから、毛根が本格的に機能しなくなってしまう前に薄毛治療を進める必要があるのです。